08月≪ 2009年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

10/5 海南eタイムズ にて、紹介されました




10/5付の経済情報紙、『海南eタイムズ』の5面に顔写真入りの記事を掲載していただきました。弊社の紅茶やナッツのことなどを紹介していただきました。この場をお借りして、山田様に御礼申し上げます!海南eタイムズ記事軽

スポンサーサイト

カテゴリ : 【アート+ビルビとは
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

初級講座終了!皆様お疲れさまでした。




昨日で、3回連続講座だった「初級講座紅茶」は終了致しました。
とても熱心な生徒さん達に囲まれ、私なりに一生懸命やらせていただきました。
例によって、「今日こそ教室の風景を撮ろう!」と思いつつ、話に熱くなり過ぎ、またも撮り逃してしまいました。和気あいあい、楽しい教室風景をお見せできないこと、ちょっぴり悔いが残ります。

最後まで来て下さった皆様、厚く御礼申し上げます。遠く宇和からいらっしゃった方も最後まで来て下さって感激でした。この場を借りて、深く感謝申し上げます。

さて、10月からの中級講座ですが、既にほとんど埋まってしまいました。後、お一人は枠がございます。もし、ご検討中の方はお早めに御願い致します。


カテゴリ : 【Works:イベント情報
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

日程変更のお知らせ




中級講座の日程が変更になっているところがございます。
ご参加・ご検討中の方、確認宜しくお願い致します。
27→13日に変更


カテゴリ : 【Works:イベント情報
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

9/13(日)付 朝日新聞愛媛版 にて、「紅茶講座」が紹介されました 




日曜日の朝日新聞(13日付)地方版に、紅茶の講座が紹介されました!
バッチリと顔も、仕事に至った経緯なども掲載していただきました。
朝日新聞の高岡さん、この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
朝日紅茶記事軽


カテゴリ : 【アート+ビルビとは
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

カフェクリエーター3級 中国茶・日本茶編




日本茶と中国茶の講座が行われました。
私の専門は紅茶ですが、中国茶と日本茶も担当させていただきました。今回の3級の目標は、「おうちで美味しく楽しく飲めるお茶」ですので、簡単な概略と、おうちでも手軽にできるよう心がけました。
5.jpg
講義中ですので、ちょっと退屈かな?

7.jpg
実演中です。みなさん、お茶は美味しかったでしょうか?

4.jpg
日本茶に挑戦中。最近では、日本茶をいれたことのない若い子も多いのです。
茶は日本人にとってたいせつな文化。美味しく楽しく飲んでくださることを願っています。


カテゴリ : 【Works:イベント情報
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

フェアトレードの恐るべき実態を明かした番組




NHKでやっていましたドキュメンタリー番組のフェアトレードの実態を調べた番組を見ました。扱っている商品は、ずばり「紅茶」です。

<番組制作国:デンマーク 制作年2008年>

私は以前からフェアトレードについては幻想と思っていました。
植民地からの長い歴史の中で、経営者達が築きあげた途上国の人たちの待遇が、「フェアトレード」などという聞こえのいい言葉で良くなるとは全く思っていませんでした。

紅茶という商品作物(恐らくコーヒーも似たようなものでしょう)は、植民地時代に発展したので、中国の茶園のようにはいきません。
中国の茶園の場合は中国人が自らの意思で創ったものですし、お茶(の製法)自体が中国の発明品だからです。
何より茶園の持ち主が中国人ということが、インドやスリランカ、ケニヤの茶園と違うところです。

私が言いたいのは、甘い言葉で上手に商売をする人がいるということです。
そして、消費者である我々は「買う」という行為で「誰かの役に立っている」とか「地球の環境のためになっている」という幻想を早く捨てるべきだと思います。
例えば、いくら「エコ」といっても、車を買い替えることは、エコにはなりません。使えるものを廃棄するということは、結局は無駄になるのですから。
前政権はこう言うべきだったと思います。「家電と車の大手が大変だから買ってやってくれ」と。

「フェアトレード」だと知ると喜んで買い物をする人たちは、市場原理より余分に払っているお金が労働者にきちんと渡っているということを、どうやって確認するつもりなのでしょう。
某団体の募金が実態は3%位しか、現地の人に渡っていないと聞いたこともあります。
誰かを媒介していると、お金で解決するということは、実はとても難しいものなのだといつも私は思うのです。


カテゴリ : 【時事系
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。