FC2ブログ
08月≪ 2008年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

BS世界のドキュメンタリー シリーズ ブッシュの戦争




NHK BS世界のドキュメンタリー

MHK BS1でシリーズ放送されていました。
『BS世界のドキュメンタリー シリーズ ブッシュの戦争』
金曜日が最終回です。

ブッシュがイラク戦争へ突入した経緯を、当時の関係者からドキュメンタリー方式で作られた番組。
いかに戦争へと向かったか、またアメリカ政権内の凄まじい政治攻防が伺えます。
穏健派のパウエルが徐々に排除され、シオニストたちや影の大統領と言われるチェイニー副大統領が戦争へとアメリカ世論を動かし、戦時体制へと導く様子がよくわかります。

戦争の根源となった「イラクの大量破壊兵器発見」という「でっち上げ」から始まり、メディアを使った戦時体制への確立とその巧妙さに驚くばかりです。
また、戦後のイラク統治までに関しても、アメリカに都合のいいようにあらゆる手段が使われいます。イラクを統治していたバース党(どちらかというと社会主義社に近い、宗教による統治とはまったく異なる)の党員たちを排除したかったのは、フセイン時代のアメリカのやり方が表に出ては困るからか??とも、勝手に推測したりしてしまいました。

私は生まれてから、日本が戦争にはなったことはありません。
しかし、中学の時に起こった第一次イラク戦争、そして現在の第二次イラク戦争、ともに衝撃でした。大国に常に翻弄される小さな国は、一歩間違えればいつでも、第二第三の「イラク」になり得るのでしょう。この平凡な毎日が、誰もが続くことを祈っています。そんな願いが、届かない国がある。日本は、本当に幸せだと思います。

イラクのフセイン大統領は、裁判で何も明かさないまま処刑されてしまいました。なぜ、真実が明かされないまま処刑されたのか・・・

忘れてはならないのは、イラクのフセインを支援していたのはアメリカで、現在「世界のテロの最前線」と呼ばれるまでに治安が悪化したアフガニスタンのタリバンを支援していたのもアメリカです。

名もなき善人が、軍産複合体という見えざるものたちによって、戦争というおおきな「仕掛け」の中で消えていく・・・
アフガンの伊藤さんもそんな一人です・・・

番組を観るたび、イラクの報道があるたび、少しお話したことがあるだけなのですが、イラクのあの人は元気だろうか、生きているだろうかと思います。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【時事系
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。