04月≪ 2008年05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

イラン映画 『ハーフェズ ペルシャの詩』 松山で上映




世界でも非常に評価の高い、イラン映画が松山・シネマルナティックで上映されます。
5/17(土)より5/30(金)まで。
<~5/23(金)>13:10/19:05-20:55
<5/24(土)~>10:20/16:30-18:20
02.jpg

シネマルナティックはこちらをクリック
※上映時間が週によって違います。時間を御確認ください。

映画の公式サイトはこちらをクリック

===公式サイトから転載====
第2回ローマ国際映画祭
審査員特別賞受賞
監督+脚本+編集+撮影+セット・デザイナー+衣装:
アボルファズル・ジャリリ
録音:メールダド・ダドガリ
整音:マスード・ベーナム + ホセイン・アボルセデグ
プロデューサー:定井勇二 + アボルファズル・ジャリリ
コーディネーター:ショーレ・ゴルパリアン
音楽:ヤンチェン・ラモ + アボルファズル・ジャリリ
企画・製作:First Film Milad Co. + Bitters End, Inc.
提供:ビターズ・エンド + ハピネット
2007/イラン=日本/1:1.66/98min

ストーリー
シャムセディンは子どものときからタリーカ(※)でコーラン暗唱の修行をしていた。そして、見事試験に合格し、コーラン暗唱者だけに与えられる称号ハーフェズを獲得する。
シャリーア(※)の高位にある宗教者モフティ師の娘ナバートが母方の国であるチベットから帰ってきた。コーランをよく知らないナバートにハーフェズがコーランを教えることになる。
直接顔を合わせることなく、壁にある窓越しにコーランの授業が始まった。ペルシャ語もままならないナバートが、アラビア語のコーランを読むのは難しい。一語一語、丁寧に教えていくハーフェズ。好奇心旺盛で、コーランの意味を事細かに聞いてくるナバート。

「光を作るのはなに?」

「光よりも尊いものはなに?」
その問いへ答えるためサアディ(※)の詩を詠むハーフェズ。

君をなににたとえたらよいのだろう
形あるものとは違う
君は命なのだ

「あなたは詩人を信じるの?」
ハーフェズの中でナバートの声がどんどんこだましていく。

「怖いのです。彼女の声は私の心を波立たせます。不安で」

昨夜、あなたの髪のことを集まった人々が話し始めた
称賛の声はやむことがなく、夜が更けていく
隠れ読んだハーフェズのノートにあった詩を朗読するナバート。
===以上、転載・抜粋===

東京へ行ったとき、東京国際映画祭で残念ながら観ることができなかった作品が、まさか松山で観られるなんて。。。

ハーフェズとサアディは、イランでは知らない者が居ない程有名な詩人です。
かのゲーテは、このペルシアの高名な文学作品に出会わなければ、詩人にならなかったと言われる程、以後の文学作品に影響を与えた人物です。

イラン映画の得意な、透明感のある美しい作品に仕上がっていることは疑う余地はありません。
忙しく、余裕の無い時、こんな映画を観てみたいものです。

私は絶対観に行きま~す。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【*イラン、うんちく
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。