07月≪ 2005年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

イランへ行って来ました クム編




聖地?観光地?クム~帰国まで

カシャンの帰りに、クムへ寄りました。
クムで最後のイラン観光。ここを見れば、
ちょっぴり慣れ始めたこの国からまた離れて、
せわしい日本へ帰らればなりません。

クムは聖地、お坊さんがたくさんいる町、
さらに世界中からシーア派の方々が巡礼にやって来ます。
明らかにどこかのアラブ系の人たちや、
アフリカ系の人、いろいろな人がいて、テヘランよりずーっと
外国人が多いのにはちょっと驚きました。
しかし、東洋人はほぼ、ゼロ。私だけ。。。

お坊さんは町の至る所で風を切って歩いています。
なんとなく偉い風な感じです。
聖地なので、とにかく女性は真っ黒け、チャードルは必須。
この町では男女が手をつなぐなんてことは、
絶対できそうにありません。
服装に関しては、女性の場合はサンダルはいいようですが、
首が少し見えてもいろいろ言われるらしく、
私の首を隠すように注意する相棒。
男性は中近東などでよく見かける白いワンピースみたいな
服の人が非常に多い。

クムのきんきらきんのモスクに入ると、人がわんさかいます。
中では御葬式をしていたり、お祈りをしていたり、
ぶつぶつとコーランを唱えていたり、写真を撮っていたり、
休憩したり…観光的巡礼、とでもいいましょうか。
それでもどこでも写真を撮っていると、警備員(=坊さん)から
注意されたりします。

私の一方的な感覚ですが、
「神への畏怖」「重厚な祈り」とかいうのには、
ちょっと遠いというか、なんとなく観光的というか…。
なんか「格好だけ」って雰囲気。
今の世界情勢とズレてる、っていうか…。

イランの人が皆熱心な信者か、
というとそれは人によってかなり差があります。
相棒はクムでは祈ることはしませんでした。
「メッカ巡礼とか、やってみたい?」と私が質問すると、
「そんなことにお金をかけるなら、ワールドカップに行く。」
という人なので…。
他のモスクではちゃんとお祈りしているのに。。。

モスクにものすごくお金がかかっているように見えます。
この豊かな資金源は一体どこから来るのか、
ということですが、世界中から寄付が来るのだそうです。
モスクにここまでお金をつぎこむならば、
少しでも社会保障制度とかを充実した方がいいのでは?
と一般イラン人も少なからず感じている様ですが、
宗教と政治が一体化しているこの国では難しいようです。

「こういうお金を利用して、モスクにインターネットと
 パソコンを一杯並べて、みんな自由に使えるようにして、
 こどもたちにIT教育とか、情報を取得の方法とか、
 教養の場や老人のカルチャースクール作ったり
 したらいいのに。」私がつぶやくと、
「学校はあるけど、君が思っている風には、無らないだろうね…。」
相棒は遠くを見て言います。

あまり時間も無いので、空港へ向かいます。
車中、相棒は無口です。
高速道路では、皆、120キロとか150キロで走行しています。
景色がどんどんと流れて流れて…。
時間もあっという間でした。
随分長くいたように感じました。

新空港について、相棒に荷造りを手伝ってもらって、
もう後は飛行機に乗るだけです。
相棒は、
「道路が混むから、飛行機が飛ぶ直前までは居ないよ。」
と、冷たく言い放って私をパスポートコントロールへ追いやった
割には、私が消えるまで、じっと見つめていました。
寡黙な相棒は、私がイランに居る間、頑張り過ぎて、
きっと私が消えた途端、倒れていることでしょう…。
お疲れ様でした。

そして、イランで出会った全ての人に、
ありがとう!
これからも、ずっとイランが平和でありますように…。


スポンサーサイト

カテゴリ : 【*イラン旅行05年6月
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

イランへ行って来ました カシャン編




バラの町が塩水の町に

帰国日、日帰りでカシャンへ行きました。

私はエミレーツ航空だったため、新しい空港発着の便でした。
新空港はテヘランから75キロも離れているため、
カシャン観光して、
帰りがけに空港へ行けばどうかと言われたのです。

「カシャンへ行くなら、始めから言ってくれれば、
 ヤズドの途中でカシャンへ寄れて、
 時間が無駄にならなかったのに…。」
相棒は不満げです。
「しょうがないやん。始めは予定してなかっただもん。」
負けじと応戦します。
昨日のことがあってか、二人は交戦する気満々です。

カシャンへは3時間くらいかけていきました。
バラが有名で、バラ水やバラの精油などが町のいたるところで
売られています。
バラのよい香りをクンクンと匂うと、
ちょっとギスギスした二人も表情が和らいできます。

「フランスのものより、優しい香りだねえ。」
私は普段からフランスのバラ水を愛用していますが、
イラン産のものはフランスのものより優しい爽やかな香り。
重たいので、1リットルのバラ水と精油を1本だけ
持って帰ることにしました。

カシャンは貴族の伝統建築が有名ですが、
イランの典型的な庭園形式が見事です。
庭中央に湧き出る泉を一直線に配し、
両側に木々を植え、泉の先には建築物がある、
というものです。
暑い暑い夏には、実に穏やかな風景です。
子ども達と一緒に、私も足を突っ込んでしばし休憩。
気持ちがいいー!

カシャンは地下水がとても豊富なところ…だったんですが、
昼に食べたレストランのチャイ(紅茶)がなんと塩水の味!
これにはビックリしました。

イランは人口増加に水の供給が追い付かず、
水の確保は深刻な問題になりつつあるようです。
蛇口をひねると塩水、というのは大変なことです。
こういうところに、日本のろ過装置とか持っていっったら
いいんだけどなあ、と思ったりしました。

カシャンで驚いたことのもう一つに、
選挙ポスターの落書きがあります。
所謂「くちひげ」をマジックで書き込んである落書きです。
テヘランなどと違って、地方は行政府の監視がきつく、
そういうことはあまりできないと思っていましたが…。
「落書きがあったよ」と相棒に言うと、
相棒も少し驚いていました。



カテゴリ : 【*イラン旅行05年6月
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。